• 1598年創業(慶長3年)の建材商社野原グループが運営
  • 掲載商品数150,000点以上
  • 取り扱いメーカー数1,000社以上

巾木・溶接棒・目地棒

巾木とは住宅の壁と床の間を仕切る見切り材です。壁材・床材の収まりが悪い部分を隠すと共に、部屋のインテリアとしても重要な役割を持っています。材質もビニール、木、アルミ、ステンレスなど様々でそれぞれ個性があります。溶接棒・目地棒は共に床材の継ぎ目に用いる建材です。溶接棒はシート床材の継ぎ目の溶接に使われ、目地棒はタイル床材の目地部分に使われます。豊富なラインアップの中から、お求めの形状や柄・カラーなどを簡単にお探しいただけます。

これらの商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

巾木・溶接棒・目地棒の売れ筋商品

条件を指定

ページ
トップへ